RAKUEN

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GARDEN風景

8_2014122422100937d.jpg




↑“ローズヒップ”

考えてみるとコレってバラの花の種。

“木”を種から育てるって考えた事なかったけど、

達人クラスになると種から新しい品種を誕生させたりするんだろうな。

色々考えると面白い(^□^*)

私は今のトコロ冬のオーナメント(飾り)にしか見えないけれど。。。( ̄∇ ̄;)





7_2014122422100930d.jpg





↑今はツルバラの誘引の季節。

バラを植え始めて4年ぐらい。

始めは2.3箇所縛るぐらいで良かったモノが

今では梯子を用意しての大がかりなモノになってきました。

とにかく寒さの中での作業。

おまけに今年は12月からバンバン雪が降っているので

雪解けの合間を見計らって作業をしてます。

剪定の仕方が良く分からないので、本を何冊か買って読みました。





9_20141224221008331.jpg




↑葉っぱをすべて落として重ならないようになるべく横に倒すように。。。

本を読んでウンチクは分かっていても

モッタイナイモッタイナイとやたらに枝を残し過ぎてしまいます( ̄∇ ̄;)

だってせっかく伸びた枝なのに、、、。

大胆さがない私。

でも本によって書いてある事が違っていたりするので

プロ個人個人でも色んなやり方をしてるって事だと思います。

私が「そっかぁ~」と納得したのは、

“庭の主役は構造物ではない”という文章。

つるバラは数年も経つと構造物を飲み込んで上に横に伸びようとします。

誘引・剪定と言っているのはつるバラを構造物に合わせようとしているから。

安易な剪定はつるバラ本来の魅力や可能性を否定する事になります。

つるバラは剪定をしなくても花を咲かせます。

剪定をしない枝にこそ豪華ではないかもれませんが、

人を和ますような風景を醸し出す可能性がより多くあります。

この姿は剪定バサミでは出し得ず、麻ヒモこそが重要になります。

枝とヒモの織りなす世界は無限です。

剪定バサミで枝を切って描く風景より、枝を誘引して描く風景の方が

どこか人間臭く、また自然のままな美しさを持っています。

(失敗しないバラづくり 村田春夫)より抜粋

失敗しないバラづくり




10_2014122422100761c.jpg




↑こうしなきゃダメと頭をガチガチにしてやるのではなく、

所詮、植物相手の作業(*^▽^*)

来春を夢見てユル~くやってみました。










スポンサーサイト

GARDEN風景

1_201412141246054c8.jpg




いよいよ寒さが本格的になってきました。

アレもしなきゃコレもしなきゃ・・・と忙しくも楽しい園芸シーズンも一段落。

夜長のこの時期は来年に向けて妄想だけがマスマス膨らみます。

大手通販会社のカタログを隅々まで読み回し、

何を買おうかと悩み、

撒き切れない程の種を買ったことも。。。( ̄∇ ̄;) 汗

あ~もったいない(反省)

厳選して今年はコレって決めたヤツを大事に育てる事が重要だと実感しております。





2_20141214124604d4e.jpg




結構面白いのが、以前のカタログを見る事。

もう申し込み期限が切れてるけれど、、、。

その時にはピンとこなくて買わなかったモノが今では欲しいモノに。

「あ~何であの時買ってなかったんだぁ~」って(-д-;)...

改めて見返すと新たな発見があったりして

ひそかに楽しんでます(* ̄ー ̄*)




6_201412141246036a9.jpg




↑メッタニやらないけれど、

今年はビオラで寄せ植え。

最近はシブくてアンティークなビオラが沢山出てますね。

お値段もいいので私には手が出せません。

時々店頭で見て、目の保養をしてます(-人-)




3_20141214124603f9b.jpg




↑芝生もまっ茶色。

これぞ冬の景色。

暫くはお手入れ要らずなのでホッと一息(^□^*)




4_2014121412460293d.jpg




↑芝生がスッキリとカットされてるとなんだか気持ちいい。

芝生はエッジが命。

襟足が揃っている感じ。

毎年シーズンの終わりに伸びてしまった所をカットしています。

こうしておかないとドンドン他のエリアに進出してしまい大変な事になってしまいます。

芝生をカットした所を溝のように深くしておくのがポイント。

根が空気に触れる事によってそれ以上伸びにくくなります。

芝生止め用の板みたいなものも売っていますが、

なんせ広いのでものすごい枚数が必要でお金がかかるでしょ( ̄∇ ̄;)

初めの頃は大変な作業でしたが、

ある程度経ったら芝生の成長も緩やかになってきたのか、カットの作業も楽になってきました。

2月の晴れが続いた日に芝焼きします。





5_201412141246018b6.jpg




↑イエローのセリンセ発見。

数年前に植えたヤツのコボレ種。

ん~たぶんこれからの寒さで枯れちゃうだろうな。

セリンセは綺麗で好きだけど、

微妙に寒さに弱いのが残念。

うまく越えられる年と、越えられない年があります。









GARDEN風景

1_201412031259034aa.jpg




↑“ヒマラヤユキノシタ”=“ベルゲニア”

冬~春に咲きます。

田舎の庭に咲いてるイメージだけど、

常緑のツヤツヤした大きな葉っぱはイロイロと使えると私は思ってます。

増やしたいのだけれども、

あまり増えてくれないのが残念(T_T)

よく下草に使われる脇役に見られるけど、

ドッシリと緩やかに成長する実はボス的な存在(* ̄ー ̄*)




2_20141203125902c84.jpg




ある程度コンモリと密に成長するまでには時間がかかります。

これも4.5年経ってます。

寒くなって葉っぱのグラデーションもいい感じ☆

洋書で見るような落ち着いた大人チックな植栽にベルゲニアは外せませんね。

来春には増やす為に株分けしよう( ..)φメモメモ




4_20141203125901bc5.jpg




↑“ポリジ”

透明感があるブルーの花が好きなんです。

数年前種を撒いてみたが全く芽が出ず、

ポリジって育てるのが難しい花なんだぁ

と思ってました。

今思うと種が悪かったんでしょうねヾ( ̄へ ̄ )/

ちゃんとした種を買ったのに。。。

その後苗を育ててみましたが、

冬の寒さで枯れてしまいました。

それなら!と春先に苗を再度購入し小さいながら花を咲かせました。

その種がコボレて自然に成長してくれること2年目(去年は貧弱な花でした)

ようやくシッカリとした株になってくれました。

ここまで来るのに何年かかってるんだろう??

来年からは毎年恒例の春の一軍メンバーになってくれるといいなぁ。




3_20141203125901901.jpg




↑もう蕾を持ってます。

これから雪降るけどホント大丈夫??




5_20141203125900a1f.jpg




↑“ペンステモン ハスカーレッド”

寒くなってマスマス濃い色合いに。

こういう植物があると冬のGARDENも見ごたえがあります。





6_20141203125859797.jpg




↑そしてスモさんから頂いた“ツタンカーメンの豆”

ここ数年「畑」をやってなかったんですが、

この芽を見て「畑熱」がメラメラと。。。。

勢いでGARDENの空いてるトコロに「赤タマネギ」と「キャベツ」を植えてしまった。。。

GARDEN造り専念の為封印していたファーマー魂。

畑を新たに造成しようかと悩んでます( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ




7_20141203125916e00.jpg




↑“マリアアザミ”





8_20141203125915d99.jpg




↑すくすく成長中。

“ダイアンサス ブラックベアー”の銅葉と“マリアアザミ”の不思議な色合い。










プロフィール

マルマル

Author:マルマル
荒地にRAKUEN(花園)を
作ろうと自己流ガーデニングに
励む日々。
福島県に住む土食系女子。
オープンガーデンを目指し
てます。
(* ̄ー ̄*)ニヤリッ ♪

カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。